出しておくべき?開業届を出す際のメリットデメリット

よく分かる開業届を提出した際のメリットとデメリット

開業届について

青色申告なら家族に事業を手伝ってもらえる

節税効果の高い青色申告なら事業を家族に手伝わせて従業員給与を彼らに支払ってその支払いを経費にすることができる。
所得からその支払った給与を経費として引くことが出来るので節税効果は上がる。
ただし手伝ってもらえる家族というのは妻や十五歳以上の子供ということである。
また従業員は事業に専業していることが条件で掛け持ちは認められない。
給与額は事業主が自分で決められるが売り上げや利益に見合わないような異常な金額の支払いは認められない。
これを行うには「青色事業専従者給与に関する届出書」を申請する必要がある。
青色申告なら赤字を翌年に繰り越すことができる。
例えば今年100万円の利益があり、去年100万円の赤字であった場合は、プラスマイナスゼロにして所得税や住民税がかからないという申請ができる。

青色申告のための色々な書類

個人事業主には38万円の基礎控除があるが、青色申告をすることによってさらに65万円の特別控除がある。
だから青色申告によって38万円と65万円を足した103万円までの年間所得からの控除が出来ることになる。
これは大きな税制優遇だと思われるがこの税制優遇を受けるためには「複式簿記」による知識が必要となってくる。
中学生の時には算盤や簿記の授業があったが何が何だか訳が分からない状態だった。
あるものに複式簿記はハードルが高そうに見えるが、クラウド型の会計ソフト等を利用すれば知識が無くても手軽に作成することは可能であると書いてあった。
この話を毎年確定申告を自分で書いている人に話すと会計ソフトの宣伝ではないかと言われた。


この記事をシェアする
TOPへ戻る